前へ
次へ

賃貸マンションと鉄骨アパートの違い

賃貸物件を利用するときにはアパートと賃貸マンションならマンションを選ぶ人も多いでしょう。アパートのイメージとして木造で古く、賃料は安いが住みにくいと考えている人もいるはずです。でも賃貸マンションと見た目が変わらない鉄骨アパートと呼ばれるタイプがあり、新築であれば間取りなどはほとんど変わりがありません。賃料はマンションよりもアパートの方が安くなっているケースがあり、見た目だけならとアパートを選ぶ人もいるようです。マンションは鉄筋コンクリート造りが主でしっかりした造りです。壁などもしっかりしているので防音性は木造アパートに比べると高くなります。鉄骨アパートは木造の木の部分が鉄骨になっているタイプで、鉄筋のマンションに比べると構造は弱いと言えるでしょう。壁や天井などは薄くなりがちで防音性はマンションに比べると劣るケースが多いです。廊下や階段を歩く音が響きやすくなるなど鉄骨アパートの問題も知った上で選択しなければいけません。

Page Top