前へ
次へ

イメージと現実を比較賃貸マンション内見は必須

すぐに契約をして住み始めたい気持ちを抑えて、賃貸マンション契約をする前に必ずやっておきたいのが物件の内見です。何度も足を運び部屋の内見をすることは一般的にはあまりないため、契約をする前に賃貸マンションのチェックは欠かせません。内見は面倒くさいと思うかもしれませんが、内見をしなかったために入居後に、こんなはずではなかったと後悔をしないように、時間をとって内見は済ませておきます。ネットで見たよりも実際に入居したら部屋が狭く感じられたり、間取りが違っていたり、部屋が思たよりも明るくなかったというトラブルもゼロではありません。予約を取り内見へ行くことになったら、カメラとメジャーに筆記用具類、間取り図などを持参することです。使っている家具類は新しい部屋に入るのかどうか、メジャーで測っておくと安心できます。内見は1日でいくつかの部屋を見て回ることが多く、そのためカメラで撮影をしておけば、あとから思い返して写真でも確認ができるので便利です。

Page Top