前へ
次へ

賃貸マンションにかかる初期費用とは

賃貸マンションを借りるときには初期費用がかかることを念頭に置いておきましょう。家賃を1ヶ月分用意すれば入居できるということはなく、家賃だけでも入居日以降のその月の家賃と翌月分の家賃は払わなければなりません。それに加えて様々な費用を最初に負担しなければならないので十分な資金の確保が必要です。大抵の物件では礼金と敷金または保証金の支払いが求められていて、それぞれ家賃に基づいて計算される仕組みになっています。不動産会社による仲介を受けて賃貸マンションを選んだ場合には仲介手数料も支払うことになります。この他にも火災保険料や鍵交換代、クリーニング代などが請求されるのが一般的です。合わせると家賃の3倍から7倍くらいかかる物件が多いということは念頭に置いて資金を用意するのが大切です。ただ、交渉次第で減らせる初期費用もあるので、負担が大きすぎて借りられないという場合には不動産会社に相談して引き下げを試みてみましょう。

Page Top